講座名 016 期 間 日 時 申込期間
非戦
―平和の思想を考える―
全7回 
各土曜日
10/15
10/22
10/29
11/5
11/12
11/19
11/26
13:30〜15:30
10/28のみ10:30〜13:30

8月1日(月)〜

内 容

 21世紀を向かえ、世界各地で平和論が唱えられている。
19世紀後半から近代国民国家として出発した日本は、大正・昭和の時代を経て、今日主要先進国の仲間入りを果たした。
 本講座では、この140年間にみられた「非戦」(平和)の思想を主に顧みるが、それぞれの時代的事情を背景に生まれた「非戦」(平和)の思想は、 多彩な形となって現れている。
ある場合には鎖国〜幕末外交の思想として。
ある場合には憲法起草の精神や参戦への自戒の念として。
またある場合には、インターネット時代における非戦の思想として。
そして、本学における「建学の精神」たるキリスト教信者に基づく平和の思想として。
 講座は計7回を予定しているが、講座の最後には、講師および特別コメンテーターを迎えてのフォーラム(公開討論会)を設けて、 日本の立場からみた21世における「非戦―平和の思想」のあり方を、講座参加の皆さんとともに考えてみたい。

10/15

鎖国〜幕末外交と非戦の思想

本学文学部教授 矢嶋 道文

10/22

植木枝盛・水野広徳の平和思想

本学文学部教授 中村 克明

10/29

非戦論―内村鑑三のキリスト教信者を通じて―

本学文学部教授 富岡 幸一郎

11/5

植村正久と明治期キリスト教の非戦論

本学人間環境学部助教授 帆苅 猛

11/12

インターネット時代における「非戦」(平和論)の思想

本学人間環境学部助教授 松下 倫子

11/19

今日における平和の問題―戦後60年をふりかえって

筑波大学・尚絅学院大学名誉教授、本学前学院長
小川 圭治

11/26

シンポジウム「非戦―平和の思想を考える」

コーディネーター 矢嶋 道文
パネリスト 小川 圭治
      中村 克明
      富岡 幸一郎
      松下 倫子
      帆苅 猛
特別コメンテーター キリスト教と文化研究所所長
文学部教授 森島 牧人
同研究所「キリスト教と日本の精神風土」研究会世話人
工学部教授 d木 紀男       

定員 受講料 会場 備考
50名
(定員になり次第締切り)
一般7,000円、学生1,000円
(材料費込み)
金沢文庫
キャンパス
お申し込み先